【カナダ留学経験者が思う】留学で楽しめる人・楽しめない人~ある共通点が見えてきた! | ニーナママログ☆夫はインド人

【カナダ留学経験者が思う】留学で楽しめる人・楽しめない人~ある共通点が見えてきた!

ワーホリ・留学

せっかく留学しているのに留学中に「つまらない、帰りたい」という人がいますが、なぜかなと思い経験者として思うことをあげてみました。

実際に留学中に私の周りでも「おもしろくない、日本に帰りたい」といって本当に留学を途中でやめて日本に帰ってしまった子もいます。

留学を楽しめる人・楽しめない人の共通点をご紹介します。

留学を楽しめる人

私が留学中に実際に見た、留学を楽しんでいた人の特徴です。

ささいなことでも楽しめる

実際に留学を楽しんでいた人はささいな出来事でも楽しめて、視点がいつも前向きでした。異国の国でときには思い通りにならないこともありますが、「いい経験ができてよかった!」と発言も前向きでいつも楽しそうでした。

いつもニコニコしている

いつもニコニコして柔らかい雰囲気のでている子は国関係なくいつも周りにも友達でいっぱいでした。

やはり笑顔は万国共通で周りの雰囲気を明るくし、自然と人が集まってくるんだと思います。

確かに、いつも不機嫌なAさん、いつもニコニコなBさんがいたとするとほとんどの方はBさんと話たいと思うのではないでしょうか?

笑顔って本当に大切なんですね!

アクティブで行動力がある

留学を楽しんでいる子は学校や地域でのイベント積極に参加し留学生活楽しんでいました。

「これはどうなのかな?」と思うようなものも色んな友達と行ったり、パーティーなど色々と計画してくれていました。

ポジティブ

よく聞くワードだと思いますが、ポジティブであることは留学中だけではなく普段の生活でもかなり大切になってきます。

いつもポジティブであることは難しいと思います。時には落ち込んだり、泣いたり、悩んだりなどあると思います。その時でも絶対にポジティブでいた方がいい!というわけではありません。

ですが、いつもネガティブでいるとその思った通りの現実が起きてしまうこともあります。

周りを見ても同じことを話してもネガティブな意見を言う子はやはり良くないことが起きたりしていて、ポジティブな子は上手くいっていることが多いです。

切り替えが早い

留学中にトラブルはつきものです。ですが、トラブルが起こってからの気持ちの切り替えが早いか遅いかでもその後の生活に影響がでます。

切り替えが早い子はそのトラブルで起こったことによって逆によかったということもあります。

留学を楽しめない人

留学を楽しめなくて、途中で日本に帰ってしまった子や何かとトラブル続きだった子の特徴です。

何事にも文句ばかり

びっくりするくらいに留学を楽しめていない子は毎日文句ばっかり言っています。正直よくそんな文句がでてくるなというくらい言っている子もいました。

話を聞くと「そんなことで文句言っているの?!」ということも多々ありました。

やる前から消極的

やる前から「もし、○○になったときはどうするのか?」「絶対に大丈夫なのか?」などまだやってもいないうちから消極的な人が多かったです。

人生に絶対などないので「失敗してもいいからやってみよう!」ぐらいでいるのは難しいのかなと思いました。

ネガティブ

口からでてくる言葉はいつネガティブで正直一緒にいると疲れてしまうことがあり、周りの雰囲気も悪くしていました。

ネガティブは程ほどに。笑

失敗を恐れている

失敗を恐れすぎている人は多く、その気持ちも理解できます。

誰でも失敗は怖いと思います、ですが留学という折角失敗しても何も失うものはない中で失敗を恐れて日本でできないことをしないのは勿体無いです。

いつも受身で他力本願

「何かいいことないかな?」「何か面白いことないかな?」とよく言っている子がいましたがいつも受身で他力本願でした。自分が楽しい、面白いということがしたいなら自分で積極的にいく必要があると思います。

自分を幸せにできるのは自分です。(本ででてきた好きな言葉です。笑)

最後に

いかがでしたか?留学中色んな出来事があると思います。それを楽しめるか楽しめないかはあなた次第なので是非素敵な留学生活にしてくださいね♪

【関連記事】<ワーホリ経験談>カナダ・トロントにワーキングホリデー(通称:ワーホリ)に行って後悔したこと&ワーホリに向いていない人

【関連記事】カナダ・トロントにワーホリに行ってセカンドカップでバリスタとして働いた体験談:失敗談あり

【関連記事】【経験談】留学中に落ち込んだ時どうする?~実際に試した対処法4選~

コメント

タイトルとURLをコピーしました