【留学準備】留学・ワーホリにクレジットカードは2枚持ちがいい!?年会費無料でお得なクレジットカード2選!! | 夫はインド人☆いつもの生活にスパイスを

【留学準備】留学・ワーホリにクレジットカードは2枚持ちがいい!?失敗しないお得なクレジットカード2選!!

ワーホリ・留学
にーなママ
にーなママ

これから留学に行く方は色々準備をされていると思います。

その中でもクレジットカードは重要になってくるのですが、クレジットカードの種類は本当に沢山ありどれを作るか迷っている方も多いのではないでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。

この記事で分かること

・クレジットカードとは?

・留学でクレジットカードがいる理由

・なぜ2枚持ちがいいか

・オススメのクレジットカード

クレジットカードとは?

カード保有者の信用(=クレジット)によって、後払いで商品購入などの決済ができるカードです。

クレジットカードが便利である最も大きな理由は、 財布の中に現金が無くてもカード1枚で買い物ができるということでしょう。

留学でクレジットカードがいる理由

旅行傷害保険などの付帯サービスが利用できる

クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯しているものが多くあります。

所持者が海外旅行を目的として住居を出発してから帰着するまでの旅行中に被る危険を補償してくれる保険のことです。

保険はとっても重要です。なぜなら、海外で怪我をした場合の治療費は日本と比べて遥かに高値で請求される場合があるからです。

盗難の心配

盗難などのトラブルに巻き込まれる可能性も国内より多くなります。

不幸にもスリなどの被害にあった場合、警察に被害届を出しても現金は戻りません。

盗まれたお金が大金だったら、留学を続けるのが難しくなると思います。

留学の為に貯めてきたお金を守ることにおいても現金は少額のみ持ち歩きクレジットカードを所持するのが安心です。

なぜならクレジットカードの場合、カード会社に連絡すれば利用を停止できるため、被害を最小限に食い止めることができます。

現金払いが心配

慣れない言語、慣れないお金を使い買い物するのは一苦労。

行く国にもよると思いますが、こちらが分からないだろうと思いおつりをごまかしてくる人も中にはいます。

余裕があればその場でおつりをきちんと確認したら大丈夫ですが、クレジットカード払いだとそういう心配もなく、簡単に支払いができるので楽チンです。

ポイントが貯まる

クレジットカードは、使うごとにポイントがたまります。

留学から帰国する頃にはポイントがたまっていることになります。

海外では少額の支払でもクレジットカード払いする人が多いので「少額なのにクレジットカードで払うのは…」という心配もなく気軽に使いやすいですよ。

支払い能力があるとみなされる

海外に行くと、クレジットカードが「身分証明書」として扱われる機会が多くあります。

ホテルのチェックインの際やレンタカーを借りる際などはクレジットカードが必要となるタイミングです。

ホテルのチェックインの際にクレジットカード番号を聞かれたときは日本ではないことないので驚きましたが、海外では普通だそうです。

日本から持っていってたクレジットカードがあったので問題ありませんでしたが、日本よりクレジットカードを使う機会が多いのも事実です。

海外では日本国内以上に、クレジットカードで身分を証明する機会が多いのです。

いざというときにキャッシングができる

正直キャッシングは金利を支払うことになるのでオススメしませんが、海外でどうしても現金が必要になってしまったとき、クレジットカードを持っていればキャッシング機能を利用して現金を用意することが可能になります。

クレジットカードを2枚持ちにすべき理由

国際ブランドによって使える店が違う

お店によって使える国際ブランドが違うので二枚以上持っていくことをオススメします。

私はJCBとVISAを持っていきましたが、問題なく使うことができました。

行く国によって取り扱いの国際ブランドが違うので事前に調べておくのがいいでしょう。

決済エラーのトラブルの回避

「まさかそんなことってあるの!?」と思うかもしれませんが、留学中に実際に決済エラーがあり他のクレジットカードを使うことがありました。

カナダで働いていたのでお店側としてクレジットカード機械を使うことがありましたが、磁気の反応が悪いときはびっくりするぐらいエラーが続き決済できないので現金で払う人や他のカードを使う人がいました。

付帯保険の適用期間を延長できる

旅行損害保険の内容はクレジットカードによりますが、留学中の怪我や病気の際の費用の補償をしてくれるものが多いです。

期間は90日間ほどのことが多く、短期留学であれば別途留学保険などに入らずとも、クレジットカード付帯の旅行傷害保険で十分な補償を受けられることがあります。

長期留学の場合は、クレジットカード付帯の保険の期間内に収まらないので、別途留学保険に入る必要があります。

ですが、長期留学だとクレジットカード付帯の旅行傷害保険が必要ないということではありません。

例えば最初の90日間はクレジットカード付帯の保険を利用し、その後は留学保険に入るなどして、保険料を節約することも可能です。

留学用にクレジットカードを選ぶときのポイント

旅行傷害保険は利用付帯か自動付帯か

クレジットカードには、旅行傷害保険が付帯している場合があります。
付帯している場合でも、利用付帯と自動付帯という2つの適用条件があります。

自動付帯はその名のとおり、クレジットカードを持っているだけで自動的に保険が適用されます。

一方、利用付帯は、旅行の航空チケットやツアー代金をクレジットカードで支払った場合に保険が適用される仕組みを指します。

旅行費をクレジットカードで支払う予定がない場合は、海外旅行傷害保険が自動付帯のカードを選ぶのがいいでしょう。

年会費が無料かどうか

留学中は少しでも節約したいところ、留学のためにとりあえず持っておくという程度であれば、年会費は無料のカードで問題ないでしょう。

無料のカードであっても最低限度の保険やポイント付与などは利用できます。

留学のオススメのクレジットカード2選

楽天カード

                  年会費永年無料の楽天カード    
年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害:最高額 2,000万円
・傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
・疾病治療費用:200万円(1疾病の限度額)
・賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
・救護者費用:200万円(年間限度額)
・携行品損害(免責金額3,000円):20万円(年間限度額)

楽天カードは年会費無料かつ、ポイント還元率1.0%で海外でもポイントを貯めやすいクレジットカードです。

国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBから選択可能。

海外旅行保険は利用付帯ですが、日本出国日から3カ月後の午後12時(24時)までを補償。

補償額も、利用頻度の高い傷害治療費用と疾病治療費用がともに200万円までです。

私は留学する半年程前に作り、留学に必要な物を楽天市場から購入し、ポイントを貯めていました。

ポイントで支払いもできるし、貯まったポイントで商品を購入することができるので持っていて損はしないクレジットカードです。

                     年会費永年無料の楽天カード    

エポスカード

                    年会費無料エポスカード
年会費無料
国際ブランドVISA
海外旅行傷害保険・傷害死亡・後遺障害:最高額 500万円
・傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
・疾病治療費用:270万円(1疾病の限度額)
・賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
・救護者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
・携行品損害(免責金額3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードの特徴の一つに、「即日発行が可能」という点が挙げられます。

WEB申し込みしてから全国のマルイ店舗などにある「エポスカードセンター」に行くことでその場でカードが受け取れるのです。

海外旅行まで時間がなく、急いでクレジットカードを作りたい人にとっては有難いクレジットカードです。

また年会費が無料でポイント還元率0.5%のクレジットカードです。

カード番号が裏面に記載されており周囲から見えず、あんしん・安全です。

エポスカードの海外旅行保険は、年会費無料では珍しい自動付帯です。

留学当時エポスカードはノーマークで持っていきませんでしたが、年会費無料で海外保険が自動付帯なのは中々ないのでオススメです!

【エポスカード】

この記事を書いた人
ニーナママログ☆

30代女性/国際結婚し、夫はインド人/結婚式は神前式/カナダワーホリ経験/宅建士/2023年からインドにプチ移住予定

ニーナママログ☆をフォローする
ワーホリ・留学
シェアする
ニーナママログ☆をフォローする
夫はインド人☆いつもの生活にスパイスを

コメント

タイトルとURLをコピーしました