【経験談】インド人と国際結婚して6年目〜良かったこと・悪かったこと〜後悔しない国際結婚 | ニーナママログ☆夫はインド人

【経験談】インド人と国際結婚して6年目〜良かったこと・悪かったこと〜後悔しない国際結婚

国際結婚

インド人夫と結婚して早6年、よく国際結婚は離婚率が高いなどと言われますが、たまに分かるかもと思う瞬間があります。笑

ですが、そんなことばかりでなく結婚してよかったと思うことも沢山あるのでよかったこと・悪かったことをご紹介します。

国際結婚

国際結婚(こくさいけっこん)とは、国籍を異にする者の結婚。

日本人の国際結婚は日本人男性の方が倍以上多い傾向にあり、日本人女性の国際結婚率は1%にも満たない。

また8割以上の日本人女性が国際結婚はしたくない、と回答している事からも外国人男性との国際結婚には抵抗感や嫌悪感を持つ女性が多い事が分かる。

Wikipediaより引用

正直私の周りでも「国際結婚をする」と言った時の反応は「親は反対しなかった?」「国際結婚なんてすごい!」と国際結婚を積極的にしたいと思う人は少なく感じました。

そういう私も元々は国際結婚したかったわけではありません。笑

なんだか色々と大変そうだし、言葉や文化も違うから留学に行く前は「外国人とは付き合ってみたいけど結婚はしたくない!」と思っていました。笑

悪かったこと

ニュアンスが伝わらない

私は英語がネイティブではないので細かいことを説明するのに「日本語だったら上手く説明できるのにな〜」とフラストレーションを感じることがあります。

日本語で説明すると相手は理解できないのでそういった時に国際結婚の難しさを感じます。

冗談が分かり合えない

相手は冗談で面白いと思い言ってきたりしますが、こちらからすると全然面白くなくむしろ腹が立ったりするので冗談を言うのも大変だなと感じます。

また逆も然り、こちらが面白いと思っていったことは相手からすると面白くなく機嫌が悪くなったりするので、正直めんどくさいと感じる時があります。笑

時間感覚が違う

これは私が関西人というのもあるかもしれませんが、「後でする」の後での時間感覚が私とは違いかなりゆったりしているのでイライラすることが多々あります。笑

良かったこと

価値観が一緒

価値観がだいたい一緒なので何かしら決める時も喧嘩することなくすんなり決まります。

多少の違いはありますが、大きく違うわけではないので問題に発展することもなく、上手くやっています。

価値観の違いから離婚に発展することが多いと聞きますが、価値観が一緒なのは本当に大切だなと思いました。

優しい

とにかく優しい。

今まで日本人とお付き合いしてきて優しい人があんまりいなかったので余計に優しいと感じるのかもしれません。笑

怒らない

全く怒らないとかではないのですが、無意味に怒るのではなくきちんとした理由があり、怒るのであんまり怒らないイメージがあります。

私が気が強いので意味もなく怒られるとそれ以上に怒り、一緒に過ごすのは100%無理なので夫があんまり怒らないから結婚生活が上手くいっている部分があります。(これにはものすごく感謝しています。笑)

愛想がいい

これは自分の中では大切にしているポイントで、愛想がいいと周りに人が集まり色々と上手くいくイメージがあるので愛想がいいのは本当にありがたいです。

日本に来て間もない頃日本語は全然しゃべれませんでしたが、愛想がよかったので私の友人ともすぐ仲良くなり、こちらも嬉しかったです。

誰とでも仲良くなれる

日本でした二次会で夫の友達が海外から来るので日本語だけだと何がなんだかよく分からないだろうな~と思っていたところ私の友人の彼氏が通訳してくれることになりました。

夫と友人の彼氏の初めての顔合わせは二次会の数時間前でまさかの意気投合しまるで昔からの友人かのように話して仲良くなっていました!笑

日本で友達があんまりいないので心配していましたが、割りと誰とでも仲良くなってくれるので安心しました。

国際結婚といっても最後はその人の人間性

国際結婚は難しいなどよく聞くと思いますが、最後のその人の人間性かなとも思います。

同じ日本人同士でも優しくない、思いやりもない、怒りっぽい、価値観が合わないだと結婚生活は上手くいかないと思います。

確かに国際結婚は宗教・相手の家族・住む場所などそれ以外の問題もでてきます。ですが、それはお互いが話し合い納得いく答えをだせると思います。

ですので、国際結婚は絶対に無理!!とならず少し違った目線で物事をみてみるのはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました